命を救う消防士になる!救急救命士学科
命を救う消防士になる!救急救命士学科

卒業生インタビュー

勤務先

京都府京都市消防局

時には命を救うヒーロー、時には身近で頼れる兄ちゃん、そんな存在を目指したい。
大矢 貴久さん
H25年 救急救命士学科 卒業
大矢 貴久さん
京都府立 西城陽高校 出身

現在、京都市消防局の消防隊に所属しています。火災や救助現場に出動するほか、一軒一軒自宅に伺う訪問防火も行っています。自宅に訪問する度に喜んでくれる地域の方々、僕達を見て安心した表情に変わる傷病者、キラキラした目で手を振ってくれる子供たち。-僕達の仕事は、市民の信頼によって成り立っている-と強く実感しますね。現場に出動するときはもちろん、地域の方と接するときは常に相手の目線に立って対応できるよう心がけています。「患者さんの気持ちを常に考える」-この言葉は東洋医療専門学校の先生方がいつも口にしていた言葉です。また実習中は人形に対して人と同じ様に扱うよう厳しく指導されました。人形だからという甘えがあると、実際の現場でもそれが出ると先生方はわかっているんでしょうね。現場に出て、先生方の言葉の大切さに改めて気付かされます。今後は救急隊としての経験も積み、どんな現場に対しても力を発揮できるようになりたいですね。地域の方々にとって身近で頼れる存在、そして子供たちのヒーローを目指します。

救急隊として出動した時は、傷病者の方が安心できる対応を心がけています。
上司の声
上司の声

明確な目標と目的を持った若者の活躍を
大いに期待します。

金井 英樹 さん
京都府 京都市消防局 下京消防署
警防課 担当課長 消防司令長
金井 英樹さん

大矢消防士はいろんな業務に果敢にチャレンジしてくれています。救急救命士の国家資格を取得してから入局したことからも、強い意気込みを感じます。資格の知識と技術を活かし、常に向上心を持ちながら日々の仕事に取り組んでおり、消防士としての成長も早いと思います。消防は人を救うという使命のもと国民からの期待も大きく、自分自身も高めることのできるやりがいのある仕事です。最近は消火設備の充実や警報器の普及などで火災は減っていますが、都市型水害やテロ対策などの新しい分野の災害も増え、救助件数や救急件数は年々増加傾向にあります。若い人には、明確な目標と目的を持って大いに活躍されることを期待します。

勤務先

愛媛県 松山市消防局

男性が多い職場。だからこそ、私たち女性が活躍できる仕事がたくさんあります。
鋸本 裕美さん
H20年 救急救命士学科 卒業
鋸本 裕美さん
愛媛県立 大洲高校 出身

きっかけは、看護師の姉の勧めでした。以前から医療職に興味を持っていた私に「裕美なら活発に動く救急救命士が向いているんじゃない?」と。高校卒業後、大阪の東洋医療専門学校に進学し、救急救命士としての知識と現場に沿った技術を学びました。現在、地元の消防署で働き8年目。大きなやりがいを感じ働いています。入職した当初は消防隊に配属され、男性と同じ業務や訓練に苦しいと感じる時もありました。しかし、半年後に救急隊に配属されてからは苦しいと思ったことはありません。出動の際は、どんな患者さんにも女性だからこそできる「優しく丁寧な」対応を心がけています。また、地域で行っている救命講習にも女性である私を選んで頂いています。男性には聞きにくい婦人科系の質問をたくさん受けた時は、自分が女性で良かったとすら思いました。やはり男性が多い職場。男性のような体力を求められる時もあります。でも、それを乗り越えられたとき、私たち女性だからこそ活躍できる仕事にあふれています。

上司の声
上司の声

救急の現場ではとくに、
女性ならではの気配りや心遣いが活かされます。

井手 清史 さん
愛媛県 松山市消防局 西消防署
署長・消防監
井手 清史さん

私たち消防職員は、多種多様な現場で活動しなければなりません。体力と持久力が求められ、以前は「男の職場」と言われていました。しかし、現場によってはきめ細かな対応が欠かせず、とくに住民と接する機会が多い救急の現場では気配りが必要不可欠です。現在、鋸本さんはそのような現場において、女性ならではの優しさや心遣いをもった「救急救命士」として勤務に就き、『市民に親しまれる消防』を目指して一生懸命頑張っています。現場ではいろいろなことが起こります。皆さんにも鋸本さんのように知識・技術、そして何より強い心をもってこの仕事に挑んでほしいですね。

勤務先

沖縄県 宜野湾市消防本部

この学校の本当の良さがわかったのは卒業後、現場に出てから。
佐次田 悠平さん
H19年 救急救命士学科 卒業
佐次田 悠平さん
沖縄県立 中部工業高校(現 美来工科高校) 出身

大阪の東洋医療専門学校を卒業して10年がたちました。13年前、地元の沖縄を離れ、東洋医療専門学校に進学しようと思ったのは、この学校には消防の現場を経験されている先生方が多くいたからです。授業では消防行政が求めている人材についてや、消防活動の流れについて話してもらえたり、現場を想定したシミュレーション実習があったりと、そのすべてが消防に入ったあとで役立つことばかり。現場に出て「ああ、なるほどこういうことか」と感じることがいっぱいありますね。職場の先輩からは消防の仕事は、8割が準備で、2割が現場での行動だと言われました。2割の行動のために、8割もの準備が必要だということ。それを心に留めて、職務に臨んでいます。

左から佐次田さん、山田さん。山田さんも東洋医療専門学校の卒業生で、佐次田さんの先輩にあたる。
上司の声
上司の声

救急救命士の資格をもつ即戦力として活躍してもらっています。

大嶺 清光 さん
沖縄県 宜野湾市消防本部
署長・消防司令
大嶺 清光さん

通常、消防士が救急救命士になるには現場経験を積んだのち、養成所に通う必要があります。その点、佐次田くんや山田くんのように、職員採用時から救急救命士の資格をもっている場合は、他の消防士と比べて、いち早く救急の現場で活躍できますからメリットは大きいですね。彼らは沖縄出身で、宜野湾市のためにも市民のためにも、自分たちが地元を守るんだという意気込みがよく伝わってきます。その熱意を持ち続けて、これからも意欲的に頑張ってほしいと思っています。

東洋医療専門学校や救急救命士のこと、理解できましたか?
もっと詳しく知りたい方は
こちらもご覧ください!

ページTOPへ