社会人・学生・専門学校生・フリーターを経て RE:START 東洋医療専門学校で学んで良かった
社会人・学生・専門学校生・フリーターを経て RE:START 東洋医療専門学校で学んで良かった

卒業生インタビュー

23歳からのスタート。新しい道を歩むと決めたとき私の心にあったのは不安ではなく、希望と決意。
平井 夏海さん 入学時23歳
勤務先

箕面市消防本部

救急救命士学科 昼間部 卒業
平井 夏海さん
私立 甲子園学院高校/
私立 大阪国際女子大学 出身

友人の死をきっかけに、医療の道へ。
この学校でなら、なりたい自分になれると思った。

高校を卒業後、目的もなく、なんとなく大学に進学してしまいました。大学3年生になり就職について悩んでいたとき、友人が亡くなったことをきっかけに「人の命を助ける仕事」への興味が芽生えました。その後、思いは日増しに強くなっていき、いてもたってもいられず東洋医療専門学校のオープンキャンパスに参加してみたんです。そこで見た先輩方のシミュレーション実習は、今でも目に焼きついています。「ここでなら、なりたい自分になれる。」そう思えるオープンキャンパスでした。また、消防本部への合格実績が全国ナンバー1ということや、医師や救急救命士、看護師として現場経験豊富な先生方から指導もしていただけるということも分かり、消防本部に就職するにはこの学校が最も良いと思いました。大学の友人が社会に旅立っていく中で、私は再び学校に通う道を選びましたが、不安というよりも新しい自分の夢を追うことへの希望や決意が心の中を占めていたように思います。

メリハリのある学校生活。
年齢の差など気にならないアットホームなクラス。

東洋医療専門学校の就職指導は入学後すぐに始まります。筆記・体力・面接試験対策と、各専門の先生がいて、きめ細やかに指導してくれました。また、全国各地の消防本部の情報を集め、私たち学生それぞれに合った消防本部の情報提供もしてくれました。そのため、公務員試験には年齢制限がありますが、周りの学生より年齢が上の私も安心して勉強に励むことができました。同じ夢を持つ仲間との学校生活は今思い出してもとても充実していました。メリハリがあったのが良かったんだと思います。授業のときにはみんなで真面目に集中して取り組んでいましたし、学園祭や運動会などのイベントのときはみんなで思いっきり騒いで盛り上がりました。クラスメイトとの年齢の差など関係なく親しみ合えるアットホームな環境がありました。

これからも現場で患者さんと向き合っていたい。
そのための努力は惜しまない。

現在は箕面市消防本部で、消防・救急の業務を兼任しています。4月からはポンプ車の運転・送水も任せていただけるようになりました。出来る仕事が増えるたびに責任も大きくなりますが、その分やりがいも大きくなり、改めてこの仕事を目指して良かったと実感しています。5年後、10年後に、自分がどうなっているかはわかりません。ただ、私はまだまだ現場で活躍したいと思っています。なぜなら私のモチベーションは現場で人の命を助けることにあるからです。これからも努力を惜しまず、より一層勉強や訓練に励みたいと思います。

1日のスケジュール

  1. 7:00 起床

    朝食をとった後、出勤します。

  2. 8:30 出勤・勤務交代

    8時半に出勤し9時に前日の当番の班と交代を行います。その後はスケジュールの確認をし、昼まで訓練などを行います。

  3. 12:00 昼食

    昼からの勤務に備え、しっかり体力補給!

  4. 12:45 事務処理など

    出動した際の報告書の作成や確認を行います。

  5. 18:00 夕食

    18時~19時の間で夕食をとります。
    健康管理も大切な仕事の1つなので、食事のバランスには気をつけています。

  6. 19:00 受付業務など

    受付業務や通信司令室で119番の対応などを行います。

  7. 24:00 仮眠

    翌朝の交代まで仮眠の時間。
    もちろん、要請があればいつでも出動します。

  8. 9:00 勤務交代

    起床してからは資器材や車の点検を行い、9時になれば次の班と交代をします。

上司の声

救急救命士は目指す価値のある仕事です。

齋藤 誠一さん
箕面市消防本部
消防署 警防第二課 課長 消防指令
齋藤 誠一さん

大学を卒業している方や社会を経験されている方は、視野が広く、思考も柔軟な方が多いですが、彼女も例に漏れずそうですね。また、ずっとスポーツをしていたということもあって、人付き合いがうまく、すぐに職場に馴染んでいました。特に患者さんへの対応には彼女の人当たりの良さが活かされています。非常に好感が持てますね。救急救命士という仕事は非常にやりがいがあり、一生をかけるにふさわしい仕事だと思います。若い人にはどんどんチャレンジして欲しいですね。

社会人入学のこと、理解できましたか?
もっと詳しく知りたい方は
こちらもご覧ください!

ページTOPへ