社会人・学生・専門学校生・フリーターを経て RE:START 東洋医療専門学校で学んで良かった
社会人・学生・専門学校生・フリーターを経て RE:START 東洋医療専門学校で学んで良かった

卒業生インタビュー

好きなことを仕事にしたい。私の天職は、笑顔で「ありがとう」がもらえる仕事でした。
中川 秀則さん 入学時26歳
開業

なかがわ接骨院

柔道整復師学科 昼間部 
中川 秀則さん
兵庫県立 福崎高校・神戸学院大学 出身

お年寄りの悩みを聞くうち、
自分の本当にやりたいことが理解できました。

昔から車が好きで、大学卒業後は地元のトヨタカローラ姫路で働いていました。お客様にはご年配の方も多く、健康の悩みを聞くことがありました。足腰や膝が本当に辛そうで、「病院で長い時間待たされても、全然自分の話を聞いてくれない」という不満を漏らされていました。ちょうどその頃、自分の中で、「本当に自分の天職は車の仕事なのか?」とも思いはじめていました。そんな中で、健康の悩みを聞いているだけなのに「聞いてくれてありがとう」と笑顔で感謝され、とても充実している自分に気付き、「話を聞くだけでなく、その痛みをとってあげられる仕事が自分の天職なのではないか」と感じるようになりました。調べていくうちに柔道整復師という仕事が気になり、東洋医療専門学校のオープンキャンパスに参加してみました。先生方とお会いして話しを聞いていると、この仕事にすごくやりがいを感じました。「柔道整復師のほうが私に向いているのではないか」と思い、何度も考えた末に入学を決断。25歳の再スタートでした。

今までで一番勉強した3年間。
最後の学生生活は思っていた以上に充実していました。

姫路から通学するため、距離の面で兵庫県にある養成校とどちらにしようか迷いました。しかし、東洋医療専門学校を見学に行ったとき、先生方がとても熱心で、学生のみんなも充実した顔をしていたので、ここでなら良い学生生活を送ることができると思いました。距離も大切ですが、勉強する環境、特に先生や学生さんの表情でこの学校を選びました。入学して驚いたことは、先生とすごく仲良くなれること。今までの学生生活でこんなに距離の近さ、面倒見の良さを感じた学校はありませんでした。先生方は現場経験が豊富な方ばかりで、国家資格取得に向けた指導だけでなく、就職後にまで役立つさまざまなスキルを教わることができました。クラスメイトは医療人を目指しているだけあってみんな優しく良い子たちばかりで、この学校に入学して「嫌だな」と感じたことは一つもなかったです。そんな環境だからこそ、「このクラスで絶対に国家試験に合格するんだ」と皆で一致団結して、昔よりもよく勉強をしましたね。

自分を頼りに患者さんが来られる。こんなに幸せなことはありません。

卒業後は学校から紹介を受けた姫路の接骨院に就職しました。院長先生は地元でかなり名の通った方で、私が3年以内に独立開業したいことを伝えると「優秀な人材を育てて、みんなで業界を良くしていくのが夢だから」と歓迎してくださいました。開業権が与えられる柔道整復師は、自分の接骨院を持てることが大きな魅力だと思います。たくさんの経験を積ませていただき、おかげさまで目標通りに開院でき、もう1年半が経ちます。地域密着型をめざし、お子さんからご年配の方まで幅広い層の方に来院していただいています。当院では患者さんの話をじっくりと聞き、痛みや不安を取り除くことを心がけています。患者さんから頼りにされ、施術後は笑顔で「ありがとう」と言っていただける、こんな幸せな仕事はないですね。今度、大きな学会で発表をすることになりました。テーマは足の悩みを解消する「インソール」について。実はこれも学校の授業で学んで興味を持ち、自分なりに勉強を続けていることなんです。この学校には卒業してからも勉強したいと思える教育内容や、卒業してからも繋がっている温かさがあります。柔道整復師へ転職するなら、絶対に東洋医療専門学校をおすすめしたいですね。

1日のスケジュール

  1. 7:30 起床

    素早く準備を済ませて、自宅を8時に出ます。

  2. 8:30 午前の診療

    午前中は年配の方が中心。症状に応じて丁寧に施術します。

  3. 12:30 昼休み

    体力を使うため、昼食はしっかりとります。。

  4. 15:00 午後の診療

    主婦、学生、仕事帰りのビジネスマンやOLの方の来院も増えてきます。

  5. 19:30 終了

    帰宅後に食事を摂り、入浴。その後はテレビを観たりしてゆったりと過ごします。愛犬3匹とふれあうのが楽しみです。

  6. 01:00 就寝

社会人入学のこと、理解できましたか?
もっと詳しく知りたい方は
こちらもご覧ください!

ページTOPへ