好きなモノ作りで健康を支えたいなら!歯科技工士学科
好きなモノ作りで健康を支えたいなら!歯科技工士学科

卒業生インタビュー

勤務先

株式会社 カロス

目標は「父を超える歯科技工士」だからこそ3年制教育の東洋医療専門学校を選びました。
馬場 達也さん
H26年 歯科技工士学科 卒業
馬場 達也さん
姫路市立 飾磨高校 出身

僕の父は自宅に仕事場を構える歯科技工士。いつも忙しそうにしている父の姿を見ていた僕が、まさか同じ道を選ぶなんて思っていませんでしたね。きっかけは休日に父の仕事を手伝ったこと。手伝ううちに父の凄さや歯科技工の面白さを知り、気付いたら将来の目標は「父を超える歯科技工士」でした。同じく歯科技工士として働いていた叔父の薦めもあり、カリキュラムが充実している東洋医療専門学校に進学。学校生活は想像以上に楽しく、学園祭や球技大会などイベントも多かったので学科を越えてたくさんの友達ができました。また、業界で求められる高度な技術を学べたことは、自分の「夢」にとって大きな弾みになりました。今の勤務先はデジタル技工を取り入れた、業界の中でも最先端を進むデンタル・ラボ(歯科技工所)です。高度な技術であるCAD-CAMを任せてもらえているのも、東洋医療専門学校でCAD-CAMの基礎を学んでいたおかげです。今後主流になっていくCAD-CAMをもっと勉強し、父を超えてみせたいですね。

コンピューターで削りだされた技工物の微調整は人の手で行うので、技工士としての技術力も欠かせません。
上司の声
上司の声

デジタル化が進む業界だからこそ、想像力・技術力が
求められています。

増田 長次郎
株式会社カロス 代表取締役
増田 長次郎さん

私たち歯科技工士が作り上げるのは「モノ」ではなく、人が失った機能を補う「人工臓器」です。見た目だけではなく、機能や精度が求められます。また、歯科技工の世界はデジタル化が進んでおり、ここでもCAD-CAMが導入されています。CAD-CAMは平面で立体的な設計を行うため、手作業以上に想像力や経験値が求められます。また、コンピューターでは削れない細かな部分は人間の手で行わねばならないため技術力も欠かせません。それだけに、3年制教育で学んできた馬場くんに寄せる期待は大きいですね。

勤務先

医療法人 島矯正歯科

歯並びがキレイになる感動を、たくさんの患者さんにも味わってもらいたい。
照屋 みさきさん
H27年 歯科技工士学科 卒業
照屋 みさきさん
沖縄県立 小禄高校 出身

私はこちらの矯正専門の歯科医院で、唯一の歯科技工士として働いています。作業工程の組み立てから納期の管理まで自分のやり方で進めています。入職当初は、自分ひとりでできるのかという不安もありましたが、東洋医療専門学校で常に自分自身で手順を考え作業を進めるよう指導していただけたことが役に立ちました。また、矯正装置を院長から褒めていただいたときには、現場で通用する技術力を実感しました。福井県にあるこちらの歯科医院に出会えたきっかけは、学生時代から付き合っている方の福井への就職。希望の場所で「矯正に携わりたい」という夢を叶えてくれた先生方と、卒業してすぐの私を信頼し雇ってくださった院長に感謝するとともに、全国どこでも働けるこの資格の魅力を実感しました。私も矯正をしていた患者の一人。あの頃に感じた歯並びがキレイになる喜びを私の患者さんにも味わってほしい。たくさんの人に笑顔と感動を届けるこの仕事を結婚や出産をしてもずっと続けたいですね。

「楽しく仕事ができています」と語る照屋さん。素敵なスタッフに囲まれ、笑顔が輝いていました。
上司の声
上司の声

優れた教育は“伸びる人材”が育つ、
照屋さんを見ていると3年制教育のレベルを実感します。

島 芳夫さん
医療法人 島矯正歯科 院長
歯学博士
島 芳夫さん

当院は矯正専門の歯科で、子供から大人まで様々な患者さんがいらっしゃいます。以前は矯正装置を外注していたため、細かな指示や急な患者さんへの対応ができず、院内に歯科技工士の必要性を感じていました。卒業してすぐの照屋さんを選んだ理由は、誰にも負けないやる気を感じたから。技術はこれから育てる気持ちでいましたが、とても1年目とは思えない仕事ぶりに、今ではほとんどの装置を任せています。歯科業界は、虫歯治療などに変わって矯正などの自費診療の分野が増えています。選択肢が増えた現代だからこそ、様々な患者さんの要望に応えられる技術力は強みになるでしょう。

開業

beau dent

卒業後、5年半で開業。技術力で勝負ができる仕事!だから3年制教育を選びました。
寺尾 直哉さん
H19年 歯科技工士学科 卒業
寺尾 直哉さん
高知県 土佐塾高校 出身

高校卒業後、希望の大学に入学しましたが、大学にはおのずと通わなくなり、中退を余儀なくされました。今から考えると大学入学後の目標が無かったんですね。その後も「目標を探すも途中で辞める」を繰り返し、アルバイト生活が続いていました。`最後のチャンス`と「歯科技工士」を目指したのは27歳の時。年齢的にも卒業後すぐに即戦力として働きたかったので、現場で通用する技術をしっかり習得できる3年制教育を選びました。東洋医療専門学校での学校生活はとても楽しかったですね。幸いにも同じ年代の方が数名いましたし、年下の学生とも年齢関係なく大変仲が良かったです。卒業後、2ヶ所のデンタル・ラボ(歯科技工所)で5年半働き、開業を果たしました。最初は「自分にできるのか」と不安もありましたが、3年制教育で培った技術力に自信があったこと、2つ目のラボで営業経験が得られたこと、それらの自信もありチャレンジしたいという気持ちが沸いてきました。もちろん責任はすべて自分にかかってきますし、仕事も忙しいですが、頑張った分自分に返ってくるのでやりがいは大きいです。挫折を繰り返した僕でも、開業することができました。過去なんて関係なく、自分の技術で勝負ができる。それが歯科技工士の魅力だと感じています。

小さくても一国一城の主。「自分への評価だと思うと、忙しい日々もやりがいに繋がりますね。」と寺尾さん。

東洋医療専門学校や歯科技工士のこと、理解できましたか?
もっと詳しく知りたい方は
こちらもご覧ください!

ページTOPへ