東洋医療専門学校
open

RE:START 社会人・学生・専門学校生・フリーターを経て

卒業生インタビュー

プロサーファーを目指す 日々から一転、救急救命士へ。 心からやりがいを感じられる 仕事に就くことができました。
大東四条畷消防本部 勤務
入学時23歳 救急救命士学科

大東四条畷消防本部 勤務

久賀 隆行さん 
(大学入学資格検定(現・高等学校卒業程度認定試験) 合格)
Interview01

読む

  • 「人を助ける仕事がしたい」想いを
    止めることはできませんでした。

    高校には進学せずサーフショップに住み込みで働きながらプロサーファーを目指していました。ある日友人が溺れて救急隊のお世話になったことがあり、目の前にいたのにどうすることもできない自分にふがいなさを感じました。結局、4年ほどサーフショップで働いていましたが、そのときの救急隊の頼もしい姿が頭から離れず、「人を助ける仕事がしたい」という気持ちが日に日に強くなってきたんです。いてもたってもいられず、救急救命士の資格が取れる学校のオープンキャンパスに参加してみることにしました。東洋医療専門学校は消防本部への合格実績も非常に良く、また実際に消防や病院の現場で勤務されていた元消防士・元看護師の先生方が多くいます。色々な学校の見学に行きましたが、ここでなら夢をかなえることができると思いました。

  • 充実の3年間。
    東洋医療専門学校での指導が今に活きています。

    入学時、すでに23歳。消防職員の採用試験を受ける際の年齢制限が気になりましたが、先生方が全国各地の採用条件を収集し、私にあった消防本部を教えてくださったので、目標をもって勉学に励むことができました。就職面でのサポートは本当に心強かったですね。学校の授業でとくに印象に残っているのは、病院実習です。医療従事者の方と仕事ができた経験を活かして今、病院搬送後のことまでイメージしながら救急活動ができています。そのほかにも、救急現場の実践に基づいた指導などカリキュラムが充実していたおかげで、救急救命士の国家試験と消防職員の採用試験の両方に合格できました。久しぶりの学校生活。これほど充実した3年間を過ごせたのは、東洋医療専門学校だったからだと思います。

  • 救急救命士として大きな責任と
    心からのやりがいを感じています。

    大阪府の大東四条畷消防本部に勤務して7年が経ち、今は東分署で救急隊の副隊長を任せていただけるようになりました。救急車で現場に駆けつけ、患者さんやご家族から「ありがとう」といわれたときは心からやりがいを感じます。救急車での搬送は私たちにとって日々の業務であっても、患者さんには一生に一度あるかどうかのたいへんな出来事です。私たちが人命を預かることになりますし、現場での一挙一動で救急救命士に対する印象が決まるので、大きな責任を感じています。一人でも多くの患者さんやご家族の笑顔を見るために、これからも頑張っていきたいですね。

  • 6:30

    起床

    非番明けの日はいつも6時半ごろに起床します。

  • 8:00

    出勤・勤務交代

    8時に出勤し、9時に勤務交代。
    申し送りのあと車両点検などを実施。

  • 13:00

    勉強会

    非番明けの日はいつも6時半ごろに起床します。

  • 17:00

    事務処理ほか

    出動記録を付け、夕食を済ませ、体力トレーニングなどを行います。

  • 23:00

    仮眠

    翌朝7時まで仮眠。要請があればいつでも出動します。

  • 9:00

    勤務交代

    起床後、車両点検などを行い、9時に次の班と交代します。

上司の声

入署までの社会経験で
鍛えられているだけあり
久賀くんは仕事に前向きで
スキルアップも早い。

大東四条畷消防本部 消防司令長 総括次長・消防署長
北井 由信さん

久賀くんのように入署時から救急救命士の資格を取得している場合、即戦力として現場で活躍してもらえるので頼もしいですね。特に彼はこれまでの社会経験のなかで鍛えられていることもあり、仕事に取り組む姿勢が前向きで、スキルアップも早くて驚かされています。消防士というのは人の命と財産を守る、大きなやりがいと誇りのある仕事です。年齢やこれまでの経歴に関係なく、チャンスがあればみなさんもぜひ私たちの仲間になってほしいと思います。

閉じる

大学を出たけれど、 何か技術を身につける必要性を感じた。 結婚後に再就職ができたのは、 専門学校で得たスキルと国家資格のおかげ。
株式会社アイキャット 製造部 勤務
入学時22歳 歯科技工士学科

株式会社アイキャット 製造部 勤務

川口 智津さん 
(大阪府 私立 プール学院大学 出身)
Interview02

読む

  • 顎顔面補綴の分野を学びたくて
    東洋医療専門学校に入学。

    高校を卒業後、4年制大学の国際文化学部に進学しました。当時は海外で働きたいという希望があったのですが、大学を出ても結局は何か技術を身につけていないと無理だということがわかりました。そこで海外でも通用する技術を探していたところ、事故や病気で失った顔や顎の周囲を人工物で修復する「顎顔面補綴」という分野に興味をもち、その関連から歯科技工士という仕事を知りました。入れ歯や銀歯を作ったり、人の身体の一部となる人工物を作ることで患者さんの役に立つこの仕事がしたいと思って調べてみると、歯科技工士の国家資格が取れ、顎顔面補綴についても学べるのは、専門学校では東洋医療専門学校だけだとわかって入学を決めました。大学を卒業してから専門学校に進学することで、親に負担をかけるのは申しわけなかったのですが、「自分のやりたいことがあるのなら頑張っておいで」と応援してくれました。歯科技工士養成校は2年制がほとんどですが、東洋医療専門学校は3年制で金属床義歯実習や顎顔面補綴実習、CAD-CAM実習、審美歯科実習など多彩なカリキュラムが用意されている点が魅力。在学中は学校から研修を兼ねたアルバイト先を紹介していただき、授業で学んだことを活かしながら歯科技工の技術を磨きました。そこで得たアルバイト代で、学費を補うこともできました。

  • 3年制教育で得た幅広いスキルが認められて
    再就職ができた。

    東洋医療専門学校を卒業後は一般的な歯科技工所に就職し、主に入れ歯や銀歯を作っていました。そこで2年間勤務したのですが、同じ職場の先輩との結婚を機に退職することになりました。その後、8ヵ月間ほど専業主婦をしていましたが、もう一度働きたいという気持ちが強くなり、東洋医療専門学校へ再就職の相談に行きました。先生方とは社会人になってからもよく連絡を取っていたのですが、卒業後も変わらず親身になってサポートしてくれるのは、この学校ならではの良さだと思います。そのときに学校から紹介してもらったのが、今勤めているアイキャットです。ここは一般的な歯科技工所とは業務内容が異なり、歯科医師向けにインプラント治療の支援システムを提供しています。もともと私は顎顔面補綴に興味を持っていたように、最新の技術を身につけて人の役に立ちたいと考えていたので、ぜひここで働きたいと思いました。東洋医療専門学校の3年制教育のなかで幅広い知識・技術を身につけていたこと、そしてこれまでの経験が認められ、無事再就職が叶いました。

  • 東洋医療専門学校で学んだスキルを活かし
    CAD-CAMを用いた設計も行いたい。

    私が勤務する会社では、まずインプラント用ソフトを用いて手術前のシミュレーションを行い、その結果を反映して手術を支援するサージカルテンプレートやサージカルガイドを製造します。そのなかで私が担当しているのは、このサージカルテンプレートとサージカルガイドの技工作業です。CAD-CAMで設計され、実際に機械で加工されたものが私の手元にくるのですが、それを患者さんにぴったりと合わせるには、歯科技工士が微調整をする必要があります。通常の入れ歯の場合は患者さんに適合しなければ再調整ができますが、私が作るのはインプラント手術をサポートするものなので、わずかな歪みが手術の精度に関わってきます。それだけに仕事に対する責任の重みがあり、やりがいを感じています。この分野は、最先端のテクノロジーと職人技がミックスされた新しい歯科技工の仕事です。今は最終工程となる技工の部分だけを任されていますが、これからは東洋医療専門学校で学んだスキルを活かして、CAD-CAMを用いた設計にも携わっていきたいと思っています。

  • 7:00

    起床・通学

    大阪府八尾市の実家から毎日通学していました。

  • 9:10

    授業開始

    3年制のために授業は詰め込みではなく、一つひとつ納得して学べました。

  • 15:50

    授業終了

    授業を終えてから実家に一旦帰宅。夕食を摂って、ちょっとひと息。

  • 19:00

    仕事

    研修を兼ねたアルバイト先へ。地元で働くことができたので便利でした。

  • 22:00

    仕事終了

    歯科技工の技術を磨く勉強になるので、アルバイトにはほぼ毎日通いました。

  • 22:30

    帰宅・就寝

    入浴を済ませたら予習・復習をして一日が終わります。

上司の声

いろいろな社会経験がある川口さんは
仕事に対する目的や意識の高さが違います。

株式会社アイキャット 代表取締役
西願 雅也さん

川口さんは一度大学で学んでからキャリアチェンジをして歯科技工士の専門学校に再入学しているだけあり、仕事に対する目的や意識の高さが違います。だから、私たちの仕事にとって重要な最終工程をまかせる際も、彼女なら大丈夫という安心感がありますね。私はいつも“最初”ではなく、“最後”に何を成しえたかが大切だと思っています。今、転職を考えている方も、キャリアチェンジをすることを決して恐れないでほしいですね。

閉じる

短大を卒業し、 未知の分野である鍼灸師に。 不妊症に悩む女性を サポートすることが私の使命。
三ツ川鍼灸院 勤務
入学時21歳 鍼灸師学科

三ツ川鍼灸院 勤務

槇田 樹里さん 
(夙川学院高校 出身/関西外国語短期大学 出身)
Interview03

読む

  • スポーツトレーナーへの憧れ。
    それが鍼灸師への第一歩。

    高校時代は硬式テニス部に所属し、部活に明け暮れた日々でした。3年生になって進路について悩んでいると、担任の先生からスポーツ推薦を勧められ、短大に進学しました。短大に入学した時は、このまま普通にテニスを楽しんで、普通に就職活動をして、普通の会社に就職しても良いかなぁと思っていました。しかしたまたま鍼灸治療を受けている友人のスポーツ選手から、鍼灸のすごさや、治療をしてくれた先生に対しての感謝の気持ちを聞いて、「鍼灸治療を通じてスポーツ選手のサポートがしたい」と思うようになりました。東洋医療専門学校を選んだのは「学費の安さ」とオープンキャンパスで感じた「学校の雰囲気」。先生や学生が明るく親切で、私がこの学校に通っているイメージが自然と浮かび、「この学校に入学したい!!」と強く感じたことを覚えています。

  • 鍼灸の幅広い可能性を知り、
    東洋医学を究めることを決意。

    年齢の違うクラスメイトとやっていけるのか不安でしたが、そんな心配は無用でした。クラスメイトは皆良い方ばかりで、私のことを友人として、時には姉として慕ってくれ、とても楽しい学校生活を送ることができました。この学校は他の学校と比べ授業時間が多い上に、放課後には希望者が自由に参加できて、手技療法の技術やさまざまな鍼灸治療法を学ぶことができるセミナーがあります。幅広い知識を身につけることができ、とても勉強になります。授業では東洋医学について学び、鍼灸治療がスポーツなどでのケガだけでなく、病気にも効果が高いことを知りました。学校主催の就職説明会で見学に行かせていただいた治療所の先生から「アナタはもっと東洋医学を究めた方が良い」と言っていただき、スポーツトレーナーではなく「東洋医学を究め、病気の治療にも精通した鍼灸師になる」ことがいつしか私の夢になりました。

  • 「妊娠しました!!」という感激の声が私のやりがい。

    現在、私は三ツ川鍼灸院で、不妊症に悩む女性に対して鍼灸治療を行っています。鍼灸を用いた体質改善からはじめ、妊娠してからも、つわりや腰痛のトラブルに対応するなど、出産間際まで鍼灸で身体を整えていくので、責任を感じると同時に大きなやりがいを感じます。「妊娠しました!!」「無事に出産しました!!」という言葉や、患者さんの晴れやかな表情を見ていると、「この仕事を選んで良かった」と心から思えますね。短大に進学したことで他の仕事を考えたこともありましたが、私は鍼灸師という仕事を選んで良かったと思っています。進学を検討している方は一歩踏み出して下さい。国家資格を取得するための学校なので決して安い学費ではありませんが、この仕事にはそれだけの価値があります。この学校のオープンキャンパスに参加すれば私の言いたいことがわかってもらえると思います。

  • 6:00

    起床

    準備をして電車で出勤します。

  • 8:00

    午前の診療

    午前中は2回目以降の治療を受ける患者さんに来ていただいています。

  • 13:00

    昼休み

    デリケートな内容なので、初診の患者さんの問診は他の患者さんがいない昼休みに行います。そのときは昼ごはんを早めに食べておきます。

  • 16:00

    午後の診療

    こちらでの治療は全てカーテンを閉めて行われており、長い時間、患者さんと2人きりになるので、まずは信頼関係を築くことを心がけています。

  • 20:00

    終了

    片づけをして、21:00頃には鍼灸院を出ます。

  • 00:00

    就寝

    帰宅後は食事をして、入浴、テレビを見るなど、くつろいでいます。

上司の声

これからは女性鍼灸師がますます活躍できる環境に。

三ツ川鍼灸院 院長
三ツ川 友一郎さん

当院では経絡治療をメインとし、不妊治療や妊婦の方の逆子治療など、妊娠に関する治療を専門に行っています。妊娠判定が出たり、無事に出産できた時は報告を受けるんですが、それまでの患者さんの不安や悲しみを理解しているからこそ、すごく感動しますね。時には一緒に涙を流すこともあります。槇田さんはこちらに勤務して3年半になりますが、ほぼ全ての治療を任せています。彼女は短大生活で幅広い人間関係を築いていますので、患者さんとの距離のとり方や話の引き出し方が上手ですね。また、この仕事は患者さんの身体を預かる仕事なのでとてもデリケート。女性の患者さんからは女性鍼灸師を希望される方が多いです。今後ますますその要望は高まるでしょうね。

閉じる

好きなことを仕事にしたい。 私の天職は、 笑顔で「ありがとう」がもらえる仕事でした。
なかがわ接骨院 開業
入学時26歳 柔道整復師学科

なかがわ接骨院 開業

中川 秀則さん 
(兵庫県立 福崎高校・神戸学院大学 出身)
Interview04

読む

  • お年寄りの悩みを聞くうち、
    自分の本当にやりたいことが理解できました。

    昔から車が好きで、大学卒業後は地元のトヨタカローラ姫路で働いていました。お客様にはご年配の方も多く、健康の悩みを聞くことがありました。足腰や膝が本当に辛そうで、「病院で長い時間待たされても、全然自分の話を聞いてくれない」という不満を漏らされていました。ちょうどその頃、自分の中で、「本当に自分の天職は車の仕事なのか?」とも思いはじめていました。そんな中で、健康の悩みを聞いているだけなのに「聞いてくれてありがとう」と笑顔で感謝され、とても充実している自分に気付き、「話を聞くだけでなく、その痛みをとってあげられる仕事が自分の天職なのではないか」と感じるようになりました。調べていくうちに柔道整復師という仕事が気になり、東洋医療専門学校のオープンキャンパスに参加してみました。先生方とお会いして話しを聞いていると、この仕事にすごくやりがいを感じました。「柔道整復師のほうが私に向いているのではないか」と思い、何度も考えた末に入学を決断。25歳の再スタートでした。

  • 今までで一番勉強した3年間。
    最後の学生生活は思っていた以上に充実していました。

    姫路から通学するため、距離の面で兵庫県にある養成校とどちらにしようか迷いました。しかし、東洋医療専門学校を見学に行ったとき、先生方がとても熱心で、学生のみんなも充実した顔をしていたので、ここでなら良い学生生活を送ることができると思いました。距離も大切ですが、勉強する環境、特に先生や学生さんの表情でこの学校を選びました。入学して驚いたことは、先生とすごく仲良くなれること。今までの学生生活でこんなに距離の近さ、面倒見の良さを感じた学校はありませんでした。先生方は現場経験が豊富な方ばかりで、国家資格取得に向けた指導だけでなく、就職後にまで役立つさまざまなスキルを教わることができました。クラスメイトは医療人を目指しているだけあってみんな優しく良い子たちばかりで、この学校に入学して「嫌だな」と感じたことは一つもなかったです。そんな環境だからこそ、「このクラスで絶対に国家試験に合格するんだ」と皆で一致団結して、昔よりもよく勉強をしましたね。

  • 自分を頼りに患者さんが来られる。
    こんなに幸せなことはありません。

    卒業後は学校から紹介を受けた姫路の接骨院に就職しました。院長先生は地元でかなり名の通った方で、私が3年以内に独立開業したいことを伝えると「優秀な人材を育てて、みんなで業界を良くしていくのが夢だから」と歓迎してくださいました。開業権が与えられる柔道整復師は、自分の接骨院を持てることが大きな魅力だと思います。たくさんの経験を積ませていただき、おかげさまで目標通りに開院でき、もう1年半が経ちます。地域密着型をめざし、お子さんからご年配の方まで幅広い層の方に来院していただいています。当院では患者さんの話をじっくりと聞き、痛みや不安を取り除くことを心がけています。患者さんから頼りにされ、施術後は笑顔で「ありがとう」と言っていただける、こんな幸せな仕事はないですね。今度、大きな学会で発表をすることになりました。テーマは足の悩みを解消する「インソール」について。実はこれも学校の授業で学んで興味を持ち、自分なりに勉強を続けていることなんです。この学校には卒業してからも勉強したいと思える教育内容や、卒業してからも繋がっている温かさがあります。柔道整復師へ転職するなら、絶対に東洋医療専門学校をおすすめしたいですね。

  • 7:30

    起床

    素早く準備を済ませて、自宅を8時に出ます。

  • 8:30

    午前の診療

    午前中は年配の方が中心。症状に応じて丁寧に施術します。

  • 12:30

    昼休み

    体力を使うため、昼食はしっかりとります。

  • 15:00

    午後の診療

    主婦、学生、仕事帰りのビジネスマンやOLの方の来院も増えてきます。

  • 19:30

    終了

    帰宅後に食事を摂り、入浴。その後はテレビを観たりしてゆったりと過ごします。愛犬3匹とふれあうのが楽しみです。

  • 01:00

    就寝

閉じる