医療・美容・スポーツ・介護で活躍したいなら!鍼灸師学科
医療・美容・スポーツ・介護で活躍したいなら!鍼灸師学科

卒業生インタビュー

開業

鍼灸美容サロンpirka

美しく変わっていくお客様を見て大きなやりがいと喜びを感じる毎日。この世界に飛び込んでよかった。
八木橋 祥子さん
H24年 鍼灸師学科 卒業 オーナー
八木橋 祥子さん
北海道 函館市立 函館高校 出身

私は生まれも育ちも北海道。高校3年生になって進路を決める際、今しかできないことをしたいと思い、思い切って地元を離れ大阪の東洋医療専門学校に進学しました。私が調べた学校の中で一番明るくイキイキとしていて、ここで勉強できたら充実した毎日が過ごせるだろうなと思いました。実際に授業が始まってみると想像以上にアットホームな雰囲気で、しかも全国各地から同じ夢を目指しているクラスメイトが集まっているので心を分かち合うことができ、淋しさや不安な気持ちは一切持たなかったですね。一般的な鍼灸師の養成校の場合は国家試験対策に終始しがちですが、東洋医療専門学校では現場で必要とされる知識・技術まで身につきます。美容やアロマなどのセミナーも受講でき、自分の意欲次第で幅広く成長できる点が私には合っていました。臨床経験豊富な先生が多いのも魅力で、卒業後5年経った今でも、学生時代に身に付けた技術を実際に使っています。資格取得後は整形外科やエステサロンなど様々なところで働き、その経験と学生時代に得た多彩なスキルを活かして、女性専用の美容鍼灸サロンを開業しました。「女性は身体が健康になると、次はキレイになることを目指す」。この学校の先生がよく言っていたその言葉が、私の新たな一歩を後押ししてくれました。私の施術で元気になり、さらに肌も表情も美しく変わっていくお客様を見て、大きなやりがいと喜びを感じています。結婚・出産後も辞めることなく、お客様に寄り添いながらこの仕事を長く続けていきたいです。

街中にたたずむ隠れ家サロン。扉を開けると、八木橋さんこだわりの癒しの空間が広がっていました。
勤務先

近鉄ライナーズ

人気が高いトレーナー業界で活躍するため鍼灸師の資格を取ることを決意。
愛場 将太さん
H21年 鍼灸師学科 卒業
愛場 将太さん
兵庫県立 川西明峰高校 出身

「スポーツに関わっていきたい」そんな思いで、高校卒業後はスポーツ系の専門学校に進学しました。卒業後は整骨院で働いていましたが、人気が高いトレーナー業界で必要とされるためには何か資格が必要だと思い、痛みを素早く取れる鍼灸師の資格取得を決意。東洋医療専門学校の夜間部に入学しました。仕事との両立は大変でしたが、クラスメイトみんなで協力し合う雰囲気にも助けられ、3年間頑張ることができました。現在、私はラグビーのトップリーグに所属する近鉄ライナーズでメディカルトレーナーとして、選手のトレーニング指導や治療、テーピングなどを担当しています。鍼灸はケガや痛みの緩和にも有効ですが、風邪や腹痛などの内科的疾患にも効果があります。選手の何気ない変化にも気付くことができ、治療に役立てることができるのは鍼灸師である自分の持ち味だと思っています。これからの時代、スポーツに関わるためには何か自分の持ち味になるような技術が必要不可欠。私は業界に出て、それを強く感じました。

「選手のためにサポートできることは何でもします!」と愛場さん。選手たちとの信頼が伝わってきます。
上司の声
上司の声

日本のトレーナー業界には医療の知識が
求められています。

飯田 力さん
メディカルチーフトレーナー
飯田 力さん

愛場くんは、どんなことでも率先して選手のために動くやる気が評価され、今やチームに欠かせない存在となっています。また一般的なトレーナーと比べ、選手に対する治療の選択肢が幅広いのは鍼灸師の資格を持っているからと言えるでしょうね。日本のトレーナー業界では医療の知識が求められています。私も鍼灸師の資格を持っていますし、私や愛場くんのようなスポーツと医療分野の知識を併せ持ったトレーナーがこれから活躍していくでしょう。

開業

鍼灸サロン SAKURA

患者さんにはゆっくりしていってほしい。そんな自分の想いが詰まった鍼灸サロンを開業しました。
岡 勇樹さん
H18年 鍼灸師学科 卒業
岡 勇樹さん
香川県 尽誠学園高校 出身

東洋医療専門学校を卒業し、現場で感じたことは、患者さんは色々な悩みや症状を抱えて来られているんだなぁということ。私が勤務していた鍼灸整骨院は患者さんの数が多くて、しっかりと話を聞いてあげられる時間がありませんでした。患者さんから日々の痛みや悩みを相談されるうちに、「治療家として患者さんの悩みと向き合いたい」と感じるようになりました。それなら自分で理想の環境を作ろうと地元・奈良市で開業を決心。準備はとても楽しかったですよ。知り合いの大工さんと一緒にデザインや内装を考えたり。大変でしたが、そのぶん完成したとき言葉にならない感動がありました。開業して約半年、患者さんの数も口コミで少しずつ増え、今では大阪、京都からも来ていただいています。現在は鍼灸治療だけでなく、矯正や美容などもメニューに加えました。一人の患者さんにかける時間は1時間。症状をうかがうのはもちろん、生活リズムなど、じっくりと耳を傾けます。信頼関係が築けると、「ここがしんどいんだけど・・・」って、ふとしたときに訪ねてきてくれるんです。それがすごく嬉しい。この仕事を選んで良かったって思えます。鍼灸師は大変な仕事です。勉強も大変だし、現場に出ても患者さんの身体を触って、その人の想いに応えないといけない。その反面、たった1時間でも人とすごく深く関われる、素晴らしい仕事でもあります。私事ですが、一昨年結婚し、子供も産まれました。奥さんが妊娠中は、安産になると言われるツボに鍼灸をして、見事、安産でしたよ。こういったことができるのも鍼灸師の魅力の一つですかね。

サロンのコンセプトは「居心地の良さ」。患者さんが日常を忘れるくらいリラックスしてほしい。サロン内は木をふんだんに使った暖かみのある空間で、アロマの優しい香りが心地よい。

東洋医療専門学校や鍼灸師のこと、理解できましたか?
もっと詳しく知りたい方は
こちらもご覧ください!

ページTOPへ