医療・美容・スポーツ・介護で活躍したいなら!柔道整復師学科
医療・美容・スポーツ・介護で活躍したいなら!柔道整復師学科

卒業生インタビュー

勤務先

有限会社 太洋メディカル
いわふね岡田鍼灸整骨院

ただの高校生だった私が“先生” と呼ばれる医療人に。東洋医療専門学校と出会って、私の人生は変わりました。
阿野 夏美さん
H27年 柔道整復師学科 卒業
阿野 夏美さん
大阪府立 枚方なぎさ高校 出身

何校かオープンキャンパスに参加しましたが、東洋医療専門学校には明るく楽しい雰囲気や先生と学生の距離の近さなど、他校にはない魅力がありました。当時「絶対この学校に入学したい!」と感じたのを覚えています。入学後はスポーツ大会や学園祭など楽しいイベントも多く、クラスメイトともすぐに仲良くなれました。また、勉強から生活のことまで何でも相談に乗ってくれる先生ばかり。初めて学ぶことも多く勉強は大変でしたが、同じ目標を持つ仲間や先生方の存在が“頑張ろう”という意欲につながりました。今の職場に巡り合えたのも、私の希望に合う就職先を親身になって探してくださったキャリアセンターの方のおかげです。現在は柔道整復師として、手技やテーピングなどの施術をしています。患者さんが治るきっかけ作りをすることが私の役目だと思っています。職場も尊敬できる先輩ばかりで、私は人に恵まれていると感じます。ごく普通の高校生だった私が、患者さんから「先生」と呼ばれるようになれたのも、東洋医療専門学校でたくさんの出会いがあったからこそだと思っています。

「彼女がいるとその場が明るくなり、患者さんからも大人気なんですよ」と院長先生。
上司の声
上司の声

東洋医療専門学校の卒業生は
仕事に取り組む姿勢が素晴らしい。

岡田 和人さん
有限会社 太洋メディカル
代表取締役
岡田 和人さん

当グループでは患者さんが痛みを抱える箇所だけでなく、例えば肥満が原因だとわかればそこにもアプローチをかけるなど、身体をトータルに診ています。施術の際は衣服を脱いでもらうこともあり、特に女性の患者さんの場合は女性の柔道整復師を望まれる場合が大変多いですね。現在、私は7つの治療院を運営していますが、スタッフの多くは東洋医療専門学校から来ていただいています。阿野さんをはじめ全員に共通して言えることは技術がしっかりしているだけでなく、真面目で明るくて礼儀正しい方ばかりで、学校の教育方針の素晴らしさを感じています。患者さんから「ありがとう」と言ってもらえるやりがい溢れる仕事です。是非みなさんも、柔道整復師を目指して欲しいです。

勤務先

まつもと鍼灸整骨院

治療もトレーニング指導もできる、メディカルトレーナーが目標です。
塚正 健太さん
H22年 柔道整復師学科 卒業
塚正 健太さん
兵庫県立 尼崎稲園高校 出身

僕が働いている整骨院は院長が格闘技の選手などの治療やトレーニング指導を担当していることもあり、スポーツをされている方がよく来院されます。一般の整骨院と比べて捻挫や肉離れ、骨折など外傷の患者さんを診ることが多いですね。スポーツをしている子供も多く、少しでも良い状態で試合に臨めるよう、ケガの回復だけでなくパフォーマンスの向上にも力を入れています。東洋医療専門学校の魅力は国家試験対策だけにとどまらず、実践的な知識・技術まで身に付くこと。解剖学など医学の基礎から包帯の巻き方、テーピング技術まで、授業で得た幅広いスキルが今に役立っています。現在は整骨院での仕事以外に、マラソン選手のトレーナーとして、トレーニング指導や大会に同行したりもしています。治療もトレーニングもどちらもでき、選手をレベルアップさせることができるメディカルトレーナーになることが目標です。

全日本選手権女子ダブルス優勝プロテニスプレイヤーの高畑 寿弥さん。2人はプライベートでも一緒にトレーニングするほどの仲良し。
上司の声
上司の声

選手の筋肉の状態がわかる柔道整復師なら、
最適なトレーニング指導やケアができます。

松本 健二さん
まつもと鍼灸整骨院 院長
松本 健二さん

私は柔道整復師であり、トレーナーでもあります。最近とくにスポーツ界では、治療ができるトレーナーが注目を浴びています。選手の身体にふれ、筋肉の状態がわかるからこそ、一人ひとりにあったトレーニングメニューが組めますし、よりよいケアができるので、スポーツ分野で活躍するトレーナーが柔道整復師の資格をもっていることは理想といえるでしょう。塚正くんは学校で得た知識・技術のレベルが高く、仕事に対する姿勢も真面目です。彼も柔道整復師としてトレーナーの仕事に携わっていきたいといっており、このまま成長を続けてほしいと思います。

勤務先

元気奈良リハビリデイサービス
ゆかい倶楽部

お年寄りの元気を支えるトレーナー私自身も笑顔をもらえるやりがいのある仕事です。
伊藤 蘭さん
H25年 柔道整復師学科 卒業
伊藤 蘭さん
兵庫県立 日高高校 出身

利用者の方が来られたら、まず血圧・体温を測り、体調を確認します。その後、全員で準備体操を行い、マシーンを使って筋トレや歩行訓練の練習など、一人ひとりに合わせたメニューで運動を行います。看護師や介護士の方もいらっしゃいますが、体操を行ったりメニューを考えたりするのは柔道整復師である私たちの仕事です。デイサービスに通い始めて、生活が楽になったと聞くとやりがいを感じます。また腰や脚の痛みの相談にも乗ることができるのは柔道整復師の強みですね。私は進路を決めるときに、福祉の道とトレーナーの道と迷い、トレーナーとして活躍できる柔道整復師の道を選びました。しかし、就職先を決める際、いろんな治療院に見学に行くうちに、お年寄りの笑顔を見ているとやっぱり私は福祉の道が好きだなと気付き、こちらのデイサービスに就職を決めました。お年寄りが元気になるトレーナーとして活躍できている今の職場は、私にとってぴったりな仕事だと思っています。通う日を楽しみに待っていてくださる利用者の方々、私たちが皆さんに笑顔を与えている以上に、私たちがたくさんの笑顔をもらっているかもしれませんね。

利用者の方同士も繋がれるそんな環境を目指しています
上司の声
上司の声

技術と人間力を身につけられるところが、
東洋医療専門学校のよさだと思います。

奈良 俊二さん
元気奈良リハビリデイサービス
ゆかい倶楽部 奈良鍼灸整骨院
院長(施設長)
奈良 俊二さん

私のところは整骨院附属のリハビリ型デイサービスです。スタッフには柔道整復師の国家資格取得者が多いため、身体のしくみを考えながらの運動指導や、身体に痛みがある方には施術も行っています。福祉業界では、今後ますます機能訓練指導員として柔道整復師の活躍が増えていくでしょう。私は東洋医療専門学校で講師として授業も受け持っていて、伊藤さんは教え子でもありますが、本当によく活躍してくれています。東洋医療専門学校の卒業生は、プロとしてのスキルとともに、挨拶やマナーなどの人間力も備わっているため、即戦力として期待しています。

東洋医療専門学校や柔道整復師のこと、理解できましたか?
もっと詳しく知りたい方は
こちらもご覧ください!

ページTOPへ