命を救う消防士になる!救急救命士学科
命を救う消防士になる!救急救命士学科

救急救命士学科について

東洋医療専門学校の救急救命士学科は

日本最大級の救急救命士養成校です。

国家試験対策と公務員試験対策の
両方をトータルサポート!
元消防職員の指導で現場直結の
救急救命士を育成します!

東洋医療専門学校・救急救命士学科では、救急医療現場の第一線で活躍中の経験豊富な講師陣が、各専門の授業を担当し、充実した授業内容を実現しています。さらに元消防職員の専任教員が最先端の実習設備で現場さながらの実習を行い、卒業後は現場で即戦力として活躍できる救急救命士を育成しています。

実績

全国No.1の国家試験合格実績!(平成26年卒業生103名国家試験合格) 西日本No.1の消防本部就職実績!(開校からの公務員試験合格者960名) 全国280の消防本部で卒業生が活躍中! 公務員試験合格者は、これまでに1035名! 全国学生救急救命技術選手権総合優勝! 全国No.1の国家試験合格実績!(平成26年卒業生103名国家試験合格) 西日本No.1の消防本部就職実績!(開校からの公務員試験合格者960名) 全国280の消防本部で卒業生が活躍中! 公務員試験合格者は、これまでに1035名! 全国学生救急救命技術選手権総合優勝!

救急救命士とは

救急救命士とは

救急救命士とは

救急救命士とは、救急現場から医療機関へ患者を搬送する際に、医師の指示のもと高度な技術を使い救命処置を行うことができる医療従事者です。平成3年に制定された「救急救命士法」に基づき国家資格が誕生しました。主に救急車に同乗し活躍しており、一分一秒を争う現場において救急救命士の存在が救命率の向上に大きく繋がっています。

救急隊員との違い

救急隊員は消防学校で規定の訓練を受けることでなることができますが、救急救命士は国家試験に合格する必要があります。救急救命士は救急隊員に比べ、心臓や呼吸が停止している重篤な患者に高度な処置を行うことができるため、救急医療の現場で重要な役割を担っています。救急車に救急救命士が乗っているかいないかで、救命率や患者の予後に大きな差がでることから、今後はすべての救急隊員が救急救命士になっていくことが理想とされています。

救急救命士になるには

救急救命士として救急車の中で活躍するには、①公務員試験に合格し救急隊員として5年以上・2000時間以上の実務経験を積んだ後、一定期間の研修を受け国家試験に合格する、②救急救命士養成校で必要な知識を得て国家資格を取得し、公務員試験に合格する、2つの道があります。①は一般的に約10年かかる上、研修を受講するのに厳しい選抜試験に合格しなければなりません。また市町村などの自治体にとっては莫大な時間と費用がかかることから、財政難が叫ばれる現在では救急救命士の資格を持った新人を採用する②の流れが高い割合を占めています。

本校の強み

strong point1 だから西日本No.1!公務員試験対策 消防就職に特化した公務員試験対策カリキュラム strong point1 だから西日本No.1!公務員試験対策 消防就職に特化した公務員試験対策カリキュラム

1年次から始まる万全の就職試験対策スケジュール

1年次から始まる万全の就職試験対策スケジュール表

定期的な公務員試験対策模試

POINT1 計画的にレベルアップ!

公務員試験対策は1年生のときから3年間みっちり行います。3年制教育だから国家試験対策も公務員試験対策も充分に学べるカリキュラムです。

1年次 問題傾向を知る
2年次 進路指導資料および自己学力を判断する
3年次 4月~9月中旬の期間に弱点補強と総合演習

筆記試験対策

POINT2 出題される問題の傾向に応じたテキスト!

テキストにもこだわります!

公務員試験対策の教員が出題傾向を徹底分析し、教科書を選定。SPI試験等、新しく導入されてきている分野の教科書を導入。

POINT3 安心の基礎学力補充講座

ゼロからでも大丈夫! ゼロからでも大丈夫!

授業外の時間を使って学力に応じた補習を実施。学生一人ひとりの得意不得意な分野を理解した上で、個別に指導を行っています。中学・高校時代の勉強に不安を感じている方も安心してください!

二次試験以降のサポート 二次試験以降のサポート

最終合格に向け、
学生それぞれに合わせた指導を行います!

4POINT一人ひとりに個別サポート!

学生それぞれ二次試験の内容が異なるため、
徹底した個別サポートを行います!

  • 体力試験対策

    体育担当の講師陣より、体力試験や消防の現場で必要とされる体力が身に付くよう指導します。

  • 作文・小論文対策

    文章を書く際の基本的なルールや文章構成のノウハウを学びます。

  • 面接試験対策

    元消防職員より、本番を想定した模擬面接を実施。他人と接する際のマナーや好印象を得るためのポイントなども指導します。

  • グループディスカッション対策

    多くの公務員試験で出題される集団討論の対策。意見の述べ方や進行の仕方など、集団討論のポイントを学びます。

年間200を越える消防本部を訪問!

POINT5 最新情報を提供

学生一人ひとりに合った指導を行っていくためにも、消防本部から常に最新の情報を得ることが大切!

消防本部によって、採用人数や試験内容は異なります。全国各地の消防本部を教員が訪問し、学生が就職を希望する消防本部の情報を提供しています。

就職未決定卒業生のサポート

POINT6 卒業後もバックアップ!

救急救命士の国家資格を取得している卒業生は、救急救命士採用枠受験ができるうえ、採用試験でも有利になります!卒業後に消防に合格する学生も多くいます。

卒業してもアナタの夢を叶えるシステム!!
  • 卒業生対象の公務員試験対策講座の実施
  • 救急救命士資格取得者の優先採用についての最新情報を提供
  • 一次試験合格者に対し面接の個別指導を実施
  • 作文・小論文対策、体力補強のアドバイスの実施
卒業生は全国280の消防本部で活躍! 生まれ育った地元で就職したい、そんな多くの学生が夢を叶えています。
卒業生は全国280の消防本部で活躍! 生まれ育った地元で就職したい、そんな多くの学生が夢を叶えています。

strong point2 国家試験対策 年20回の模擬試験でバツグンの合格率を誇る! strong point2 国家試験対策 年20回の模擬試験でバツグンの合格率を誇る!

国家試験合格率

94.7%! ※平成27年卒業生113名中107名合格 全国平均 90.2%

国家試験対策も強化し、
一流の救急救命士を育成

国家試験を想定したマークシート形式の模擬試験を年20回実施。試験結果をコンピュータで分析し、個別の弱点に合わせた指導で、合格水準まで徹底的にレベルアップ。

strong point3 あらゆる救急現場を想定した実習 現場で必要となるさまざまな救急救命処置も、3年で確実に身に付ける! strong point3 あらゆる救急現場を想定した実習 現場で必要となるさまざまな救急救命処置も、3年で確実に身に付ける!

現場経験豊富な教員による実技指導 現場経験豊富な教員による実技指導

東洋医療専門学校では、実際に消防本部で救急救命士として長年活躍してきた教員が実習指導を行っています。現場を知っている教員だからこそ伝えられる知識・技術がたくさんあります!

  • 大阪府 豊中市消防局
    森本 幸夫 先生
  • 愛媛県 大洲市消防本部
    奥元 隆昭 先生
  • 愛媛県 八幡浜市消防本部
    喜代 平要 一先生
  • 救急救命処置実習

    救急救命処置実習

    心肺停止状態の傷病者に対する訓練

  • 外傷処置実習

    外傷処置実習

    交通事故等で負傷した傷病者に対する訓練

  • 現場想定実習

    現場想定実習

    あらゆる現場を想定した総合訓練

特別実習 特別実習

救急医療のパイオニアである太田学校長を筆頭に、臨床経験豊富な講師陣による医療業界・消防との太いパイプを活かして学外への臨床研修先を豊富に確保しています。

  • Special Practice 1

    病院実習

    患者さんとの関わり方や命の尊さを学ぶ!

    救急病院で168時間におよぶ臨床実習を行い、「医療スタッフとの連携」「特定行為を含む医療技術・知識の向上」「インフォームコンセント(治療に対する患者側と医師の共通理解)」そして「命の尊さ」を学びます。

  • Special Practice 2

    救急車同乗実習

    消防職員と一緒に各種訓練も体験できる!

    救急車に同乗する実習。出動要請があれば救急・救助を問わず同乗し、緊迫した現場を実際に体験します。また放水訓練やロープ訓練など消防士が行う訓練を実際に体験できるため、出動以外の仕事や職場の雰囲気も知ることができます。

  • Special Practice 3

    リバーレスキュー実習

    水難事故から尊い命を守る!

    事前に学校内でレスキュー哲学や水動力学、コミュニケーション方法、救助装備などについての講義を受けます。その後日、河川で実習を行い、水難事故からの救助法を身に付けます。

  • Special Practice 4

    徽章授与式

    医療人としての意識を高める!

    病院実習を前に、医療現場に携わる意識付けとして徽章(バッジ)が授与されます。式典後には、実際の救急・災害現場を想定し、大規模なシミュレーション実習を披露し、業界の方々から大変高い評価を頂いています。

学外実習・活動

全国学生救急救命技術選手権

救急救命技術力全国No.1祝優勝に選ばれました!

高い技術力が評価されました!安倍総理大臣よりお祝いの色紙も頂きました!

2013年12月、全国の救急救命士養成校が集結し、救急救命の技術力を競い合う全国学生救急救命技術選手権が開催されました。全国35校の養成校から26チームが選抜され、知識・技術・体力・判断力・コミュニケーションスキルなどが試されました。東洋医療専門学校は総合的な技術力の高さが評価され、救急救命技術力No.1に選ばれました。「現場で活躍できる救急救命士」を目指した教育内容が結果に結びつきました。

大阪マラソンに協力しています!

ランナーの皆さんの体調を全力サポート

関西最大規模の市民マラソン・大阪マラソンに東洋医療専門学校の学生が救急サポート隊として参加しました。救急サポート隊は、コース上でランナーを観察し、熱中症や体調不良をおこしているランナーに対し救護を行います。救急救命士を目指す学生達にとっても、実際の現場で活躍できる貴重な経験となっています。

主なカリキュラム

救急医学概論/
現場想定シミュレーション実習/
救急医療I・II/救急症候学/総合救急医療/
疾病救急医学/
外傷救急医学/
救急車同乗者実習
  • Pickup
    シミュレーション実習

    シミュレーション実習

    1年次は規律訓練・ロープ結索・止血など救急隊員が行える救急処置、2年次では救急救命処置を中心とした技術の習得、患者や家族に対しての対応方法、3年次では現場で即戦力となる知識・技術を学びます。

  • Pickup
    疾病救急医学

    疾病救急医学

    呼吸器・循環器・消化器など、さまざまな分野の病気や症状を知り、それぞれの救急処置方法を学びます。

  • Pickup
    保健・体育学

    保健・体育学

    公務員試験で行われる体力試験に向け、基礎体力を身に付けるトレーニングを行ったり、自分で健康管理や筋力の増強などができる知識を身に付けます。

卒業生インタビュー

  • 大矢 貴久さん
    勤務先
    京都府
    京都市消防局
    H25年 救急救命士学科 卒業
    大矢 貴久さん
    京都府立 西城陽高校 出身
  • 伊藤 まみさん
    勤務先
    広島県
    広島市消防局
    H22年 救急救命士学科 卒業
    伊藤 まみさん
    広島県立 庄原格致高校 出身
  • 大矢 貴久さん
    勤務先
    沖縄県
    宮古島市消防本部
    H23年 救急救命士学科卒業
    下地 和樹さん
    沖縄県立 宮古高校 出身

在校生の声

  • 牧野 秀一さん

    国家試験合格率&就職率の高さ!
    そして、とにかく明るい雰囲気!

    昼間部 牧野 秀一さん
    兵庫県 育英高校 出身

    個性豊かな先生方

    厳しくて、面白い先生方ばかり!!また、実際に消防本部で救急救命士として活躍されていた先生方の話は本当に興味深い。本気になって夢を応援してくれます!

    同じ夢を目指す仲間

    夏休みにクラスのみんなで甲子園に行ったり、ドライブにいったり。学校でも学校以外でもみんなとても仲良しです。同じ夢を目指す仲間だからこそ、分かり合えることがたくさんあります!

    メッセージ

    初めての勉強は不安だと思いますが、自分を信じて夢に向かって一緒に頑張っていきましょう!
    夢を目標に、そして現実にしていこう!

  • 山口 璃奈さん

    「女性が活躍 + 人の役に立つ
    =救急救命士」でした。

    夜間部 山口 璃奈さん
    大阪 近畿大学泉州高校 出身

    部活に没頭していた高校時代

    高校生の時は、バレーボール部に所属し、毎日厳しい練習をしていました。クラブで鍛えた身体を使って人を助ける仕事がしたいと思ったとき、救急救命士が私にピッタリだと思いました。

    夜間部の仲間

    年齢に関係なくみんなとても仲が良いです。学校以外でも誕生日会や鍋パーティをしたり。勉強に遊びにと、互いに高めあえる、そんな信頼できる仲間たちに囲まれています。

    メッセージ

    夢のために本気で向き合える環境があります。ここで3年間全力を尽くせば後悔しないと思います。東洋医療専門学校に来て、間違いなし!

教員メッセージ

  • 医師
    神納 光一郎 先生
  • 救急救命士・看護師
    豊田 日出美 先生
  • 救急救命士
    喜代平 要一 先生
  • 救急救命士
    奥元 隆昭 先生
  • 救急救命士
    森本 幸夫 先生
  • 救急救命士
    久保田 伸子 先生
  • 救急救命士
    野村 光隆 先生
  • 救急救命士
    近道 秀聡 先生
  • 救急救命士
    田中 一平 先生

Q&A

  • 救急救命士の資格が取れる大学専門学校の違いは?

    就職試験に差が出る!

    図:大学と東洋医療専門学校の違い

    大学と専門学校では就職の面で大きな差が出ます。大学卒業の場合、多くの消防本部で上級試験でしか受験できなくなります。救急救命士の活躍の場のが消防本部であることを考えると幅広い受験区分から選ぶことのできる専門学校のメリットは大きいように思います。中でも本校では消防本部への就職に特に力をいれた指導をしており、西日本No.1の消防本部合格実績があります。ぜひ本校で消防職員を目指して頑張って欲しいですね。

  • 公務員専門学校東洋医療専門学校の違いは?

    救急救命士の資格は大きなメリット

    図:公務員専門学校と東洋医療専門学校の違い

    救急救命士の資格は、消防本部で働くにあたり高く評価されます。消防本部によっては救急救命士の有資格者のみを採用する「救急救命士枠」を設けていたり、就職後の給料で資格手当がつく消防本部もあります。また本校の場合は公務員試験対策だけでなく実習授業も豊富にあるため、現場に出た際も即戦力として活躍できるでしょう。これからの救急医療を支えていく資格です。消防本部を目指す方にとって大きなメリットとなるはずです。

  • 2年制3年制の救急救命士養成校の違いは?

    公務員試験対策にかける時間の量が違う!

    救急救命士の学校では国家試験対策だけでなく、公務員試験への対策も同時に行う必要があります。公務員試験では筆記試験をはじめ、小論文や体力試験、面接、グループディスカッションなど、消防本部によって様々な内容の出題がされるため、全てを独学で勉強するのは困難です。つまり、学校でどれだけ公務員試験対策が行われているかが重要となります。3年制の学校では2年制の学校と比較し専門分野の授業はもちろん、公務員試験対策の時間も多く取っています。この1年の差が消防本部合格への明暗を分けるかもしれませんね。

東洋医療専門学校や救急救命士のこと、理解できましたか?
もっと詳しく知りたい方は
こちらもご覧ください!

ページTOPへ