2020.06.29

歯科技工士が教える歯ブラシの選び方

前回のコラムでは歯磨き粉を紹介しました。
歯磨き粉の効果をさらに!高めるには歯ブラシも重要です!!
歯ブラシに変えると効果が全然違いますよ。

ただ、歯ブラシの種類は歯磨き粉以上です。

歯磨き粉と同じように自分の口の中に合う歯ブラシを選んでください。
皆さんの口の大きさ、汚れの付きやすさ、歯ぐきの状態はどうですか?

歯ブラシを選ぶポイントは3つ

1.ブラシの硬さ(普通・柔らかめ・硬め)
「普通」は適度に汚れを除去し歯ぐきに与える刺激もそこまで強くありません。
「柔らかめ」は優しく接するので歯や歯ぐきを傷つけにくいですが、
毛先が寝てしまい汚れを落とす力は弱くなりますが、歯ぐきが弱い方にオススメです。
「硬め」は力が伝わりやすく歯の汚れをしっかり落とせます。
ただ、力を入れすぎると歯のエナメル質が削れたり、歯ぐきを痛めるので気をつけてくださいね。

 

2.毛先の形状
ブラシの形は色々な種類がありますが、汚れを落とすには平らな形がオススメです。
また、毛先の加工も色々な種類があります。
主に、ラウンドカット毛、テーパード毛、スーパーテーパード毛です。
「ラウンドカット毛」は効率よく汚れを落とすことができ、「テーパード毛」や「スーパーテーパード毛」は
細かい隙間の汚れまで掻き出せます。

3.ヘッドが自分の口に合っていること
スリムでコンパクトなヘッドは狭い隙間や歯の間を磨きやすいです。
口や歯の大きさは個人差がありますが、自分の上の前歯2本分程度の大きさが丁度よい大きさです。
女性はヘッドが小さいほうが奥まで磨きやすいですよ。

 

オススメの歯ブラシを3つご紹介します。

 

値段の差で何が違うのでしょうか?

高い歯ブラシ・・・
最近は1000円以上する高級歯ブラシが販売されていますね。
普通の歯ブラシと何が違うのか疑問ですよね?

大きな違いは「毛の本数の多さ」です!
通常の歯ブラシは500~800本ですが、なんと!5000~12000本!!もあります。

この違いが値段の差ですね。
歯に当たる面積が大きいので汚れがしっかり取れます。そして歯ぐきに優しいです。

ただ、歯ブラシは月に1回交換するのが理想です。
高いと気軽に買い替えできないのがネックですね・・・

安い歯ブラシ・・・
ホテルなどに置かれている歯ブラシ。硬いと感じませんか?
毛先の加工があまりされていないため歯ぐきが傷つきやすいです。
どうしても使うときは力を入れすぎないように注意してくださいね。

この記事を書いたのは・・・?

歯科技工士学科 石田先生

この記事を書いたのは・・・?

歯科技工学科 教員 石田 真里 先生
歯科技工士
趣味:マラソン、鳥の飼育

ページTOPへ