2020.04.13

スポーツトレーナーに必須!向上させたい大切な3つの能力とは⁉

スポーツトレーナーを目指すために・・・?

スポーツトレーナーは資格の種類や仕事内容などによってサポートの仕方が異なります。
だからこそ、自分がどのような資格・能力を持って選手を支えていきたいのかを把握することが大切です。

★スポーツトレーナーに特に重要な3つの能力とは!?
選手一人ひとりに寄り添えるスポーツトレーナーを目指すには、最低限身につけておくべき能力3つがあります。

①トレーニング指導能力

選手のパフォーマンスを向上させるために必要な能力。
鍛えたい部位によってアプローチが異なるため、トレーニングや筋トレのスキルなど、豊富な知識と技術を身につけることが大切です。

筋トレ動画はコチラ!

 

②コンディショニング能力

選手が試合に万全の状態で臨むために必要な能力。
パフォーマンスをUPさせるだけでなく、怪我の予防や体調管理にも最適です。
この力を身につけることで、日常生活から試合まで、幅広く寄り添うことができます。

③応急処置・リハビリ能力

突然のケガに対しても対応でき、また、完治した後も選手を支えるために必要な能力。
身体や骨、筋肉の構造などを学ぶ事も大切です。
さらに、包帯やテーピングの巻き方などのスキルも身につけておくことで、どのような怪我にも対応でき、選手に安心感を与えられるトレーナーになる事ができます。

どのような資格を取得してスポーツトレーナーを目指すかはアナタ次第。
まずは3つの能力を身につけて、誰よりも選手に寄り添えるトレーナーを目指そう!

この記事を書いたのは・・・?

この記事を書いたのは・・・?

柔道整復師学科 岩崎 英明 先生
柔道整復師
はり師・きゅう師

ページTOPへ