鍼灸師の年収はどれくらい?? | 分野別に異なる年収の相場や、それぞれの特長について解説
東洋医療専門学校
open
ブログ-医療の豆知識

鍼灸師の年収はどれくらい??

「鍼灸師」は、年齢を重ねても長く続けられる仕事であると知られています。また、「医療」にかかわる仕事であるため、高いニーズがあり、またそのニーズが絶えることがないという特徴も持っています。
今回は、養成機関を出たのちに国家試験に合格して初めて就けるこの「鍼灸師」の仕事に焦点をあてて、その年収について解説していきます。

鍼灸師の平均年収

鍼灸師は、鍼とお灸を使用してツボを刺激することで人間が本来持つ自然治癒力を高め、病気の予防や施術を行うことができます。

鍼灸師になるには国家試験に合格することが必要です。国家資格を有している鍼灸師の年収は、厚生労働省の発表によれば440万円前後が平均だということです。

この「440万円」という数字は、理学療法士や柔道整復師など同じ医療系国家資格と比べてもそれほど変わらず、ごく平均的な数字だといえます。
ただし、鍼灸師は医療系国家資格でも数少ない「独立開業権」が認められた資格のため、資格を活かして開業し自分の店舗を構えることにより年収1000万円以上になる可能性もあります。

出典:厚生労働省職業情報提供サイトjobtag「はり師・きゅう師」

鍼灸師の働く場所によって異なる給与の傾向

鍼灸師の活躍の場所としてまず真っ先に挙げられるのが「鍼灸院・鍼灸整骨院」です。ただ同じ鍼灸院でも「だれを対象に、どのような施術を行うか」によって給与に多少違いがみられます。ここではジャンル別に見たそれぞれの仕事の特徴と年収について解説していきます。

鍼灸院・鍼灸整骨院

一般的な鍼灸院や鍼灸整骨院で鍼灸師として働く場合の年収は、上記で挙げたような440万円前後に落ち着くことが多いかと思われます。
グループ院や個人院など運営体制は様々です。

【大手グループ院】
福利厚生が充実しており、多くの鍼灸師や柔道整復師と一緒に働くことができるので、広い視野やさまざまな知識を身につけることができます。
経営している治療院数が多い分、給与体系や個人のキャリアステップが決められていたり、力が認められることで院長を任されたりと収入がどんどん上がっていくケースもあります。

【個人院】
院長先生の大切にしている技術を一から学べ、経営のノウハウや開業の道のりなども勉強することができます。個人院として長く経営できている治療院は技術力の高い先生が多い傾向にあります。将来独立開業を目標にしている場合は、個人院の先生の元で勉強しながら働くこともおすすめします。

その他業務委託(フリーランス)として完全歩合制で働くこともでき、自分に合った様々な働き方があるのも鍼灸師の特徴です。

出典:鍼灸師として仕事の内容にこだわりたい【求人の見分け方】|顔顎矯正・鍼灸接骨院リビジョン

美容鍼灸院

鍼灸師の主な仕事は「ツボを刺激して、身体の不調やバランスを整えたりすること」です。そのため、鍼灸師は「医療」と密接に関わっています。

ただ鍼灸師の仕事のなかには、「美容鍼灸」というものもあります。これもまた人の体のツボを刺激し施術をするものですが、その目的が一般的な鍼灸とは異なります。
美容鍼灸の場合は、
・目の下のクマを解消させる
・血行を良くして、代謝をよくする
・肌荒れにアプローチする
ことなどを目的とします。つまり、健康面そのものではなく、美容面に焦点をあてた施術をしています。

美容鍼灸院の年収は、一般的な鍼灸師とほぼ変わりなく、300万円~400万円程度が相場です。
なお、一般的な鍼灸師も、美容鍼灸師も、必要となる資格はひとつだけで、国が定める鍼灸師の資格を取得することで働くことができます。美容鍼灸院で働くために美容に関わる資格を取らなくてはいけないなどの制限はありません。ただ、美容の知識を持つことにとってより患者さんの気持ちに寄り添った鍼灸師になれます。例えば、美肌に関する正しい知識が求められる「AJESTHE美肌エキスパート」や美容や化粧品についての知識を身に付けることのできる「日本化粧品検定」などが挙げられます。

出典:美容鍼灸師になるにはどんな資格が必要?学校を選ぶポイントやかかる費用についても紹介|Moreリジョブ

高齢者向け鍼灸院

鍼灸師はリハビリテーションや在宅ケアなど高齢者向けの福祉分野でも活躍することのできる資格です。老人ホームや高齢者施設で働いている方もいますし、外に出ることのできない高齢者の自宅に直接訪問し鍼灸治療も行うことができます。
鍼灸治療は副作用の少ない医療として高齢者の方には特に喜ばれることが多く、非常にニーズが高いです。

高齢者向けの施設で働く場合は、治療院や働く場所によって収入が大きく変わります。年収の幅は300万円から650万円と言われており、自分のやりたいことや働きやすさなどを加味して検討することが重要になります。

出典:スタンバイ「鍼灸師の求人・仕事・採用」

ここまで、「それぞれの働き方による年収の違い」について解説してきました。今回記載した数字はあくまでも目安です。
一般的な鍼灸院や鍼灸整骨院、美容鍼灸院などでも治療院によって年収は変わってきます。

また、地域によっても鍼灸師の年収は大きく異なります。たとえば北海道の鍼灸師の平均年収は520万円近くとかなり高額ですが、青森県の場合は360万円程度と160万円もの違いがあります。
このため、実際の就職においては、「その治療院が提示する年収はどの程度か」をしっかり確認しておく必要があります。

まとめ

これからの社会でもニーズが絶えることのない鍼灸師という仕事は、年収の面でも安定しやすく、一生続けることができる仕事です。先ほど述べた通り、鍼灸師になるには国家試験に合格しなければなりません。
東洋医療専門学校は、国家試験の合格率95.6%を誇っています。また、開校以来1人も漏れることなく、就職希望者は全員が就職できており、就職率は100%の実績があります。

「確かな技術を身に着けたい」「国家試験を突破したい」「就職先の相談にもしっかり乗ってほしい」という人は、東洋医療専門学校をオススメします。
東洋医療専門学校では、すでに社会人として働いている人でも通いやすい夜間部も設けています。本校で技術力の高い鍼灸師を一緒に目指しませんか?
大阪の東洋医療専門学校の鍼灸師学科はこちら

この記事を書いたのは・・・?

この記事を書いたのは・・・?

東洋医療専門学校 入試事務局