2021.05.10

歯科技工士が選ぶ オススメ マウスウォッシュ

歯磨きをしているのに口臭が気になる・・・口の中がスッキリしない・・・
と感じたことはありませんか?
その原因は、口の中に残っている菌です。口臭などの原因になっています。

歯の表面の汚れや歯石除去、歯と歯ぐきの隙間の菌を取り除くには歯磨きは絶対に必要です!
しかし歯磨きだけの場合、汚れは約60%しか取れません。
内側の粘膜、舌、歯磨きで取れなかった菌を除去できるのがマウスウォッシュです。
歯磨き+マウスウォッシュで口の中の汚れはかなり取り除かれます。

間違ってはいけないのが、マウスウォッシュのみで口の中はキレイになりません。
マウスウォッシュは歯磨きの代わりになりません。
歯の汚れを落とす、歯と歯ぐきの隙間の汚れを掻き出すのは歯磨きにしかできません。
マウスウォッシュはプラスアルファの役割と考えてくださいね。

マウスウォッシュの良い点は、
災害時で水がない、体調不良で歯磨きができない、外出先で食後に歯を磨けないときでも使えます。
もちろん歯磨きをするのが一番ですが、できないときはマウスウォッシュだけでも十分です。

 

マウスウォッシュを買いにドラッグストアへ行くとどれを買おうか棚の前で悩みませんか?

選び方の参考にしてください。

マウスウォッシュ(洗口液)とデンタルリンス(液体歯磨き)は
パッケージが似ている

間違って買っているかもしれません。
パッケージの表面ではわかりにくいので必ず裏面の表示を確認してください。


                 洗口液=マウスウォッシュ


             液体歯磨き=デンタルリンス

デンタルリンスはブラッシングが必要、マウスウォッシュは必要ありません。

■自分の口の悩みを知る
歯ぐきから出血する、虫歯になりやすい、ホワイトニングしたい、など悩みは人それぞれです。
最近のマウスウォッシュは口臭予防だけではなく、プラスアルファの成分が入っています。
出血を防止するCPC、殺菌成分のTXA、キシリトール配合などがあります。

■アルコール配合とノンアルコール
アルコール配合は刺激があります。ピリピリするのが苦手、口の中にキズがある方はノンアルコールが
いいですね。

■フレーバーの好み
毎日の習慣にしたいのでフレーバー(味)も大事です。
ハーブ強め、ミント、グレープフルーツ、ゆず、レモン、など色々あります。
好みのフレーバーを見つけてください。

動画でさらに詳しく、悩み別でマウスウォッシュを紹介します!

最後に、使い方も大事です。
どのメーカーも20秒〜30秒、口の中に行き渡らせてから吐き出す、と記載しています。
短いと効果が薄れてしまいます。せっかく使うなら効果的な使い方をしましょう!

この記事を書いたのは・・・?

この記事を書いたのは・・・?

歯科技工士学科 教員 石田 真里 先生
歯科技工士
趣味:マラソン、飼っている鳥と遊ぶこと

ページTOPへ