東洋医療専門学校
open
東洋!脱力タイムズ

柔道整復師の年収についてご紹介

柔道整復師は、整骨院で活躍する職業です。
近年は美容、医療、スポーツ分野などでもその専門性が注目されるようになっているため、柔道整復師の仕事を目指す人は増えています。

需要を伸ばしている柔道整復師ですが、就職の際に気になるのはその年収です。
どのくらいの年収がもらえるのかによって、将来の人生プランは大きく変わることになるでしょう。

そこで今回は、柔道整復師の年収についての詳細を解説します。

柔道整復師について

柔道整復師とは、整復や固定といった手法で人間の自然回復力を活用し、ケガの回復やリハビリをサポートする仕事です。
手術や投薬を行わない「非観血的療法」と呼ばれる施術をするのが特徴で、骨折・脱臼・打撲などの骨や筋肉のケガに対して対処を行います。
柔道整復師ならではの治療法が確立されているため、特有の需要によって今後も活躍できるでしょう。

柔道整復師はその需要の高さから、多くの求人が出されています。
そのため柔道整復師の国家資格を持っていれば、さまざまな条件のなかから自分の希望に合ったものを選びやすいでしょう。

「年収を重視して仕事のモチベーションにしたい」「やりがいを重視して仕事内容にこだわりたい」
そういった自分のなかの基準を軸に就職を目指せるので、この機会に将来どのような柔道整復師になりたいのかを考えてみましょう。

柔道整復師の年収はいくらくらい?

柔道整復師になる際にポイントになるのが、仕事の報酬として受け取れる「年収」です。
一般的に柔道整復師の年収は、「300〜500万円程度」が相場とされています。

将来的に経験を重ねて高度なスキルを習得していければ、600~700万円程度まで年収高めることも想定できます。

柔道整復師の年収は厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で明確に数値化されてはいませんが、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師などを含めた「その他の保健医療従事者など」の項目を参考にすると、全国平均で約426万円となっています。(厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査参考)

同調査の結果を男女別に分けると、以下のようになります。

性別 平均年収
男性 約457万円
女性 約371万円

女性より男性の方が、平均年収が約80万円ほど多いという結果になっています。
これは女性の方が出産や育児でキャリアに穴を開けるケースが多く、順調な年収の上昇に影響を与えていることが分かるでしょう。
一方で、国税庁が発表している日本全体の平均年収は男性が567万円、女性は280万円となっているため、女性の柔道整復師は高い年収を
得られていると言えます。

その他の職業と比較すると、柔道整復師を含める「その他の保健医療従事者など」の平均年収は、看護師や診療放射線技などと比較すると、やや低い傾向にあります。
一方で、理学療法士や作業療法士よりは高い年収水準にあるため、年収を重視するのなら柔道整復師などへの就職がおすすめです。

参考
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2000/menu/03.htm

平均月収・初任給はどれくらい?

柔道整復師の平均月収は、20〜35万円程度が相場となります。
仕事先や労働形態によって変動するため、月収もチェックしておきましょう。
総支給だけでなく、税金などを差し引いた手取りを確認しておくと、実際に生活で使えるお金が計算できます。

柔道整復師の初任給は、だいたい20〜23万円程度です。
多いところでは初任給の段階で30万円近い給与が提示されることもあるため、就職時に年収を重視する際には雇用条件をしっかりと比較しておきましょう。

柔道整復師の年収をアップさせる方法

柔道整復師として仕事を続けていくには、モチベーションにも関わる年収の上昇は重要なポイントです。
以下からは、柔道整復師の仕事において年収をアップさせる方法を紹介します。

接骨院や整骨院以外の働き方をしてみる

柔道整復師の就職先といえば整骨院や接骨院ですが、近年はその他の業界でも需要が高まっています。
例えば柔道整復師の資格があれば、「機能訓練指導員」として社会福祉施設や医療施設でリハビリ指導を仕事にするケースが考えられます。
特別養護老人ホームなどには機能訓練指導員の採用が義務付けられているため、今後も就職需要は高まるでしょう。

その他、柔道整復師のスキルを活かして、スポーツトレーナーとして仕事をすることも検討できます。
スポーツトレーナーとしてプロ選手やプロチームと専属契約が行えれば、1,000万円以上の年収を実現できる可能性もあるでしょう。

また、接骨院や整骨院でも、院長や大手整骨院グループ等のエリアマネージャーのポジションにつける場合、通常よりも高い年収で働くことができます。
柔道整復師として実績を重ねた後には、院長やエリアマネージャーとして採用される転職先を探してみることもおすすめです。

独立開業を目指す

柔道整復師として働く際には、将来的に独立開業を目指すことも考えられます。
独立開業をして自分の整骨院や接骨院を持つことができれば、大幅な年収アップに期待可能です。
店舗としての経営に成功すれば年収1,000万も目指せるため、将来的には柔道整復師として独立する道も検討してみましょう。

近年では大きな店構えではなく、マンションの一室等を利用してSNSで告知・集客を行うような小規模な開業も増えてきています。
自分のやりたいことを形にするのは大変なことではありますが、お金以上に非常にやりがいのあることでもあります。

まとめ

柔道整復師の年収は300〜500万円程度を軸に、働き方次第で600〜700万円程度まで伸ばすことが可能です。
高い知識・技術を身につけることが年収アップに必要となるため、柔道整復師の基礎を固めておくことは非常に重要です。

専門学校により、実技にかける時間は大きく変わりますので、ぜひ様々な学校を比較して将来につながる選択をしてください。

柔道整復師について詳しく知りたい方はコチラ