ブログニュース_学校の様子やイベント・入試情報など最新情報が盛りだくさん!
ブログニュース_学校の様子やイベント・入試情報など最新情報が盛りだくさん!

こんにちは!入試事務局のイワサキです

徐々にではありますが、新型コロナウイルス第二波の感染規模が縮小してきましたね。

観光業界や飲食業界など大きな打撃を受けた業界もある中で、自分の目指す業界がこのコロナ社会において、しっかりと働いていける資格なのか不安を感じている高校生・社会人の方もいるのではないでしょうか。

今回は鍼灸師・柔道整復師を目指す方へ、業界の先生からメッセージをいただきましたので、ご紹介しますね。

有限会社 太洋メディカル
代表取締役
岡田 和人 先生
岡田先生

大阪や東京を中心に多くの治療院を運営されている鍼灸整骨院グループの代表の先生です。

Q職場ではどのような感染予防対策をされていますか?
院の入り口のドアを開け換気をしたり、受付にはビニールカーテンを引く、施術者と患者様はマスクの着用を必ず行い、空気清浄機も常時稼働するなどしています。
また、施術後のベッド消毒、スタッフの手洗い・手指消毒も行っています。
会計時のお金の受け渡しも、トレーを使用するなど、施術以外での直接的な接触を避けるようにしていますね。
患者様の立場に立ち、安心して来院していただけるよう心がけています
またスタッフの休暇を増やすことにより、院内の密を極力避けるようにもしました。
院内の消毒を徹底しています

Q新型コロナウイルスの感染拡大によって、仕事内容に変化はありましたか?
免疫力を向上
させるような施術の提供を始めました。
またマスク着用での対応となり、お互いに表情が分かりにくいので、患者様の不安を取り除けるよう、いつも以上に元気に対応し、問診や施術中も注意して見るようにしています。
こんな時だからこそ、笑顔での対応が大事ですね

Q東洋医療専門学校の卒業生を採用して感じることはありますか?
東洋医療専門学校の卒業生の先生は、笑顔がよく、素直で元気な先生ばかりです。
優秀な先生が多い印象ですね。

Q鍼灸師・柔道整復師を目指す方にメッセージをお願いします!
人生100年時代と言われるなか、健康寿命を伸ばすためには、筋骨格のプロである柔道整復師や鍼灸師の活躍は必須になってくると考えます。複数の治療院を運営していますが、このコロナ禍において、体調不良を感じて来院される患者様が増えている院も多くあるほど高いニーズがあります。

またこの仕事は鍼灸整骨院以外にも、スポーツトレーナー、独立開業など様々な将来を選択することができます。全てに共通しているのは、目の前の患者様の健康に貢献するということ。まずそのスタートラインに立てるよう、学生のうちに学べるだけ学んでください!

 

岡田先生、ありがとうございました!
こちらの鍼灸整骨院グループには本校卒業生も多くお世話になっています。
代表して、1名からメッセージをいただきました!


たいよう鍼灸整骨院 勤務
柔道整復師学科 昼間部 卒業生

鍼灸師学科 夜間部 1年生
岡嶋 菜実 さん

コロナ禍においても痛みを訴えて来院される患者様が多くいらっしゃいます。そういった患者様が私の施術で痛みが和らいで、笑顔で帰られる姿を見ると、もっと頑張ろうと思えます。

臨床経験を経て、今は昼間に治療院に勤務しながらこの学校の鍼灸師学科・夜間部に通っています。夜間部は昼間部と比べると幅広い年齢層の方がいますが、年齢関係なく仲が良く勉強の意識も高いのでとても良い雰囲気です。

今まで勉強したことのない分野を勉強することやオンラインでの授業に不安を感じる方もいるかもしれませんが、この学校なら先生や周りの友達が支えになってくれます。鍼灸師・柔道整復師は人の健康に携わるすごく素敵でやりがいのある仕事ですよ。

 

岡嶋さん、ありがとうございました!

東洋医療専門学校には今年も例年と変わらない、たくさんの求人が寄せられています。
コロナに左右されず、一人ひとり丁寧に就職サポートを行っていますよ。

興味のある方はぜひオープンキャンパスに参加してみてください!
来校型オープンキャンパス
WEBオープンキャンパス

ページTOPへ