ブログニュース_学校の様子やイベント・入試情報など最新情報が盛りだくさん!
ブログニュース_学校の様子やイベント・入試情報など最新情報が盛りだくさん!

こんにちは!入試事務局のイワサキです

 

今回のブログでは歯科技工士として現場の第一線で活躍する卒業生を紹介します。

 

医療法人悠生会グループ
株式会社クオルプラス
浦田 詩奈乃 さん


Q
歯科技工士を目指そうと思ったきっかけは?

高校3年生の時、漠然と「手に職をつけたい」と考えていた私に、習い事で仲の良かった先輩が歯科技工士を勧めてくれました。その人は偶然にも東洋医療専門学校の卒業生だったんです。学校や職業について色々話を聞いているうちに、歯科技工士になりたい気持ちがどんどん大きくなっていきました
在学中の浦田さん。学生No.1を決めるコンテストで銀賞を受賞!金賞も本校の学生でした!

 

Q現在の職場について教えてください
私が勤務している院内ラボ(歯科医院内にある歯科技工室)はオールセラミックスやインプラントなど、自費補綴専門の製作を行っています。保険診療のみで扱う補綴装置と比べ費用が高いので、それだけ技術力も通常以上に求められますが、その声に正確に応えることこそが私の使命だと思っています。
一つひとつの補綴装置を妥協せず作っています。と浦田さん。自分の作った補綴装置で笑顔になる患者さんを見ると浦田さん自身も幸せな気持ちになるそうです。

 

Q東洋医療専門学校で学んで良かったと思うことはありますか?
臨床現場で求められるのはスピードと技術力です。現在、即戦力として職場の上司や先輩方に認めていただけているのも、現場で活かせる技術を先生方からたくさんご指導いただいたからだと思います。現場に出て、この学校で学んだことが活かされているのをつくづく感じます
診療にも立ち会います

 

Q今後の抱負を教えてください
歯科技工業界ではデジタル化による効率化が進み、歯科技工士の仕事内容も大きく変化しています。今後は子育てしながらでも自宅で作業できるようになる等、女性にも働きやすい職場になると思うので、その時にあった働き方で歯科技工士の仕事はこれからも続けていきたいです。
スタッフの女性3名は全員東洋医療専門学校の卒業生です!

 

上司の声
株式会社クオルプラス 技工士長
中谷 哲好 さん
中谷さん
当院では患者さんのご要望に沿うため、歯科技工士が診療に立ち会う場面が多いです。中には歯が無いことで笑えず、精神的にまいっている方もおり、それが治療をしていく過程で笑顔になり、すごく感謝していただける。私達の仕事は「人の身体の一部を作る」ことで、その人のこれからの人生を変えるちょっとした手助けができるんですよ。浦田さんは何に対しても誠実技術力も高く知識は豊富。特に技術面では臨床に活きるやり方が入社時から既に身についており、3年制教育ってこんなに影響が大きいんだなと実感しました。また患者さんや歯科医師からの信頼の厚さも相当なもの。仕事に誇りを持ち、人の笑顔を支える彼女のような歯科技工士をぜひ目指してほしいですね!


浦田さん、中谷さん、ありがとうございました!

浦田さんの言う通り、デジタル化が進めばテレワークという形での勤務を始める会社も増えてくることが予想されます。

今の社会に合ったwithコロナ」な働き方をすることができますね

好きなモノ作りを活かして、患者さんを笑顔にできる、とてもやりがいのある歯科技工士
興味のある方はぜひオープンキャンパスで魅力を確かめてみてください!
詳細はコチラから

ページTOPへ