ブログニュース_学校の様子やイベント・入試情報など最新情報が盛りだくさん!
ブログニュース_学校の様子やイベント・入試情報など最新情報が盛りだくさん!

こんにちは!入試事務局の南谷です

今回のブログでは、救急救命士として現場で活躍している卒業生を紹介します

 

沖縄県 宮古島市消防本部
下地 和樹 さん
宮古島市消防本部 下地さん

Q救急救命士を目指そうと思ったきっかけは?
僕が生まれ育った宮古島は小さな島で、どこにいても救急車の音が聞こえてきました。幼い頃から救急隊員の活躍を身近に感じていたため、気づけば島を守る救急隊員が僕の夢になっていました。
沖縄で救急隊員を目指すためには救急救命士の国家資格が必要なため、夢を叶えるために進学を決意。「どうせ島を出るなら、大きな街で学んでみたい」という想いで進学先を探し始めました。
インタビューに協力してくれました。 生まれ育った宮古島を守る救急隊員!

Q東洋医療専門学校への進学を決めた理由を教えてください。
たくさんの学校がある中で、先輩たちもたくさん卒業している東洋医療専門学校への進学を決めました。この学校は
現場経験豊富な先生方から学ぶ実習の時間が多かったのも魅力的に感じていました。

学んだことは現場で活かせていて、様々な場面に直面する度に「この学校を選んでよかったな」と感じます。

全員東洋医療専門学校の卒業生!

Q島を離れて、大阪での暮らしはいかがでしたか?
大阪での生活を通して、価値観や人生観も大きく変わりました。また、東洋医療専門学校は全国各地から入学者が集まってくる学校なので、視野も広がりました。
「ほかの地域で活躍しているクラスメイトに負けたくない!」という気持ちも沸いてきます。地元を離れて同じ夢を持つ仲間とともに過ごした時間が、今の僕の財産になっています。

救急車での出動の様子

Q今後の抱負を教えてください!
この消防本部には東洋医療専門学校の卒業生が僕を含め6名在職しています。島から離れた東洋医療専門学校で学んだ知識と技術を活かし、先輩や後輩とともに生まれ育ったこの島を守っていきたいと思っています!
命を救う仕事に誇りを感じています!


下地さん、ありがとうございました!

宮古島を守る本校の卒業生たち!

より多くの命を救うため、最前線で活躍する救急救命士
命に関わる仕事のため、責任もありますがその分やりがいもある仕事です

興味のある方はぜひオープンキャンパスに参加し、
体験実習などを通して魅力を直接感じに来てください

【オープンキャンパスの詳細はコチラ】

 

ページTOPへ